代表挨拶

株式会社フォーサムアクティブ

代表取締役 遠山 雅昭

1964年生まれ
好きなことは筋トレとビデオ鑑賞と寝ること
夢は社員全員が夢を持てる会社にすること

終身雇用への想い

1990年代、IT業界では「30歳定年説」が流れていました。

30歳前後で辞めていく諸先輩をみて、

「後輩もやがて辞めてしまうだろうか」「果たしてこのままでよいのか」

という疑問を抱いたことが当社を設立するきっかけとなりました。

1997年9月。

「社員が長く働ける会社を創る」という決意のもと、

新宿の小さな事務所で当社はスタートいたしました。

設立当初の仲間が4名だったことから『フォーサム』と社名に入れました。

設立当初は経営が苦しく、売上重視の経営を行っていた時期もありましたが、

今では社員数が100人を超え、全ての社員が当社で安心して働き続けられるよう、「終身雇用」の実現を目指しています。

社員一人一人が「考働」することが我社の基本

会社が壁にぶつかった時、社員一人一人が「考働」(=経営者目線で考え、働く)することで、
その壁を乗り越えることができると考えています。

社員と共に考え悩み、目標に向かい一緒に成長し続ける。

また、社員一人ひとりの夢・目標も実現できるよう力を合わせる。

一人一人が経営者目線で働き、将来の目標や夢を忘れず、

また、当社に関わる全ての人たちの夢や目標をかなえられるよう、

私も全社員も成長し続けています。

100年続く企業を目指して

『社員全員が夢を持てる会社にする』が私の夢です

当社は2017年9月8日に設立20周年を迎えました。

しかし、人間に例えるなら、まだまだ成人式を迎えたにすぎません。

「終身雇用」を実現し、社員が夢を追い続けられる環境をつくるためには、

この先も長く続く会社にならなくてはなりません。

当社はIT業界に身を置きますが、ITに固執するつもりはありません。

IT企業としての力を高めることはもちろん、

同時に、時代や市場環境に即した事業や社員から声が上がった事業を立ち上げ、

最終的には総合会社のような形態にすることで、

社員にとって安定した環境を与えられるのではないかと考えております。

この考えを実現することは簡単なことではありません。

ですが、実現できたら100年、200年、300年続く企業に成長できると思っております。